ホーム  >  山陰酸素グループについて  >  会長メッセージ

会長メッセージ

会長の顔写真

山陰酸素グループのホームページをご覧いただき、誠に
ありがとうございます。当グループは3業種同系列資本の12社2組合で構成しております。12社は総額752億円
(2017年3月期)を取扱い、その構成比はエネルギー関連24%、自動車関連23%、食品関連53%となっています。

生活や産業にとっての必需品を取扱う当グループの事業
では「安全・安心」な製品やサービスを「安定して供給
する」ことが重要な責務であると考えております。
自然災害あるいは事故等の緊急時における対応も日頃から

気をつけておく必要があります。

当グループでは、携帯電話を利用した緊急連絡システムを導入し、被災状況と従業員の安否を
素早く確認する体制を整えています。また、災害時の行動要領を規定した緊急時ハンドブックを
従業員に携帯させ、緊急時の行動について統制を図るようにしています。
2016年度は、鳥取県中部地震が発生し、冬季には数回にわたり大雪にも見舞われましたが、
こうした備えが一定の効果を発揮し、迅速な業務の再開に繋がったと考えております。
今後も、あらゆるリスクを想定して対策を考え、訓練を重ね
、「安全・安心・安定供給」を
より強固なものにしてまいります。


2015年度から新たな5ヶ年中期計画(15-19計画)がスタートしております。会社の体質強化、
周囲の環境変化への適合、そして永続する企業であることを目的としており、その目的を達成
するために、「付加価値の向上」「従業員の幸福度向上」「新たな視点をもつ」を方針に掲げ、
取組んでおります。


2017年のグループ企業共通の標語として、「追求~Next Target~次の仕事を。」を掲げて
おります。周囲の環境は着実に変化してきており、我々の事業においてもさらに議論を重ね、
今後の戦略を考える重要な年になると考えております。


「この地に生きる」当グループをご愛顧いただきますようお願い申しあげます。

2017年6月

山陰酸素グループ 会長  並河勉