山陰酸素グループについて  >  会長メッセージ

会長メッセージ

山陰酸素グループのホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。当グループは同系列資本の3業種12社2組合で構成しております。12社の売上高は724億円(2020年3月期)、その構成比はエネルギー関連25%、自動車関連22%、食品関連53%となっています。

生活や産業にとっての必需品を取扱う当グループの事業では、「安全・安心」な製品やサービスを「安定」して供給することが重要な責務であると考えております。

2020年度、山陰酸素グループでは中期計画(20-22計画)を開始しました。以下の4つの方針を掲げ、取り組んでまいります。

1.顧客目線のサービス深化  
2.生産性の向上                 

3.人にフォーカスした経営
4.地域社会とのつながり強化


お客様へのサービスをさらに深めて、私たちの提供するサービスと商品が、地元山陰のお客様に選ばれること。山陰発の商品、サービスとしてより多くの国内外のお客様に選ばれること。
生産性の向上によって、より良い商品・サービスを提供する体制を作り、適正な収益を確保していくこと。
それらの商品・サービスを提供してゆくスタッフが、仕事を含めて充実した生活を送れるように、会社からのサポートも向上していくこと。
地域社会とのつながりを強化することで、さらなる役割と仕事を引き受けていくこと。

最終年度までに、この4つの目標を達成し、永続する企業グループとなりお客様により一層の付加価値を提供したいと考えております。

また、生活や産業を支える企業グループとして、「安全」を守る活動を推進しております。災害に強いエネルギーであるLPガスを使用した発電機の寄贈やそれを利用した防災訓練の実施、自動車事業においては、実際起こった千葉県大規模停電の際電気自動車リーフを派遣し給電活動に寄与するなど、積極的に防災活動に取り組んでおります。

2017年12月には、当グループから3社が、経済産業省より「地域未来牽引企業」に選定されました。2018年12月には、さらに1社が同企業に選定されました(計4社)。地域未来牽引企業には、地域の中堅企業として、地域の特性を活かし、高い付加価値を創出し、地域の経済成長を力強く牽引することが期待されています。応分の働きができるよう努めてまいる所存です。

「この地に生きる」当グループをご愛顧いただきますようお願い申しあげます。


2020年10月      

山陰酸素グループ 会長