ホーム  >  山陰酸素グループの事業紹介  >  エネルギー事業

エネルギー事業

Energy

ガスで新しい時代を拓く
地域に根差した企業活動を通じ、信頼されるパートナーを目指します。

 

  • 産業ガス事業

    酸素・窒素・アルゴン・炭酸などの産業(工業)用ガス・機器のほか、病院で使用されている医療用ガスなど幅広く扱っています。

  • LPガス事業

    家庭や飲食店などで使用されるLPガスの卸売・小売、ガスコンロや給湯器などのLPガス関連機器、タクシーの燃料となる燃料用LPガスなどを扱っています。

  • LNG事業

    工場で使用される燃料や都市ガスの原料となるLNG(液体天然ガス)を扱っています。2002年2月より供給を開始しました。

  • 工事事業

    ガス供給設備の設計や設置工事のほか、住宅建築やリフォームなど、工事全般について幅広く実施しています。また、給排水衛生設備や空調設備等の施工、水道本管を国道や県市町道の地下に埋設する公共工事も行っています。

  • 運送事業

    食品輸送部門:県外便と地場便による食品輸送を行っています。
    ガス輸送部門:LNG(液化天然ガス)、LPG(液化石油ガス)の輸送、産業用高圧ガスの配送を行っています。

  • 保険事業

    ヤマサンサービスにおける中心的事業です。
    生命保険や損害保険等を取り扱っています。

  • LPガス
    配送事業

    LPガスボンベを消費先へ配送し、交換しています。また、ガスを安心して使っていただくため、設備の点検を行うなど、独自のシステムにより、安定供給を行っています。

  • 検査事業

    ガス設備の定期点検や、ガス容器及び付属品の再検査を行っています。

  • 機械設備
    転貸事業

    機械・設備等のリース事業を行っています。

ガスのプロフェッショナルとして、地域の発展を支えています

1946年、酸素の製造・販売から始まった山陰酸素工業のガス事業は、時代の流れや産業の発展とともに成長し、山陰においてトップクラスのシェアを築いてきました。現在では燃料・材料として使用される工業用の各種一般高圧ガスや特殊材料ガス、酸素や笑気ガスなどに代表される医療用ガス、また一般のご家庭や飲食店などで使用されるLPガスなど、その種類も用途も実に多種多様です。
また、環境負荷の少ないクリーンエネルギーとして注目の集まる「LNG(液化天然ガス)」も都市ガス原料向けや産業用の他燃料代替エネルギーとして供給しています。これらのガスを地域のユーザーに安心してご利用いただくため、創業以来培ってきたノウハウと実績を元に、設備設計から周辺機器までトータルにサポートしています。【山陰酸素工業】【 山陰酸素エンジニアリング株式会社

 

食品からガス、総合物流企業へ

ヤマサン物流は1970年に創業。1986年に山陰冷食(現さんれいフーズ)が全額出資、2010年に体制を変更して現社名となりました。
当初は、食品の運送事業を主軸としておりましたが、近年では専用大型トレーラーで山陰各地の都市ガス会社や大手工場へLNG(液化天然ガス)の運搬・荷卸や、工場・病院・業務店への各種ガスの運送・充填など、ガス輸送関連の事業も拡大してきました。
現在、物流は多くの企業で重要な経営戦略と位置づけられています。当社では、各取引先に対して最適な物流システムを提案し、コスト削減や配送時間の短縮、業務効率アップにつながる物流サービスを提供していきます。【ヤマサン物流

暮らしに安心をお届けします

ヤマサンサービス本社の写真

お客様の大切な財産である自動車や住宅などを損害リスクから守るための保険、またお客様ご自身とご家族を守るための医療保険、死亡保険などを幅広く取り扱う 総合保険代理店です。わかりやすさと迅速な対応をモットーに、お客様のライフプランにあった提案を心がけ、もしも万が一のことが起こったときにこそ役に立 つ、頼もしい存在でありたいと考えています。「安心」を届ける。1975年に設立されてからずっと、そしてこれからも変わらない保険代理店としての役割を今後も果たし続けます。【ヤマサンサービス

高い意識で安定供給を支える

画像

ヤマサンガスサプライは1972年に「LPガスの配送事業」を目的に設立されました。現在、米子市に本部を置き、鳥取、倉吉、米子、松江、出雲、平田、雲南の7つの事業所からLPガス供給先の約62,000件へLPガスボンベを配送しています。
当組合の強みは、何よりもまず配送員が高い意識をもって事故のない配送に努めていること。そして独自に開発した効率的な配送システムを運用管理していることです。
当組合は今後も安全と安定供給を支えてまいります。
ヤマサンガスサプライ

ガス容器の安全性を確保

共同組合さんそ作業中の写真

酸素や窒素が入った一般高圧ガス容器やご家庭で使用されるLPガス容器、また大型のバルク容器などは、法令で定められた期間ごとに再検査を受けなければ使用できません。協同組合さんそでは、検査期間が来たガス容器の外部及び内部の傷や腐食のチェック、耐圧試験、塗装などの再検査業務を一貫して行っています。お客様に安心してガスを使っていただくための安全を陰で支えていくことが重要な役割です。また山陰酸素グループ各社へのサービスとして、機械・設備のリース事業、資金転貸事業なども行っています。【協同組合さんそ