ホーム  >  山陰酸素グループの事業紹介  >  食品事業

食品事業

Foods

山陰に根ざし、食を通じて豊かで明るい未来に貢献します
業務用食材では山陰トップ。1万5千以上の食材アイテムで地元の「おいしい」を 支えるとともに、カニを始めとする山陰の特色を生かしたオリジナル商品の開発と全国に向けた販売を行っています。

  • 海外加工
    事業

    海外の協力工場に技術指導を行うことで高品質の製品を安定供給。また直接貿易を行うことでコストを抑える体制をとっています。海外の水産品を輸入するだけでなく、原料を提供して加工するという委託加工貿易で、日本市場の様々なニーズにお応えする努力を続けています。

  • 国内製造
    加工事業

    地域の特色を活かした製品を生産し、全国のお客様へお届けしています。
    また原材料入荷から製造、出荷までの各工程での品質管理、安全管理の徹底、HACCP認証取得などを通して安全安心な食の提供に取り組んでいます。

  • 地域卸売
    事業

    周辺地域の料理店や学校・病院給食、弁当・惣菜店などへ全国各地から仕入れた食材を安定して供給しています。仕入力をいかした1万5千以上の食材アイテムの他、酒類飲料や食材以外の厨房関連商品も取り扱うなど、事業の幅を広げています。

  • 小売事業

    鳥取県の名峰大山のふもとで良質な天然水を使った地ビールの醸造、販売を行っています。また各種弁当、惣菜、仕出し料理等の製造販売も展開しています。

地域に密着し、安心で安全な価値ある食材をお届けします

さんれいフーズ・島根さんれいは夏期と秋期の年2回展示会を開催し、取引のあるお客様に実際に商品を手に取っていただき、その味、見た目を理解していただいています。特に鳥取・米子において開催する秋期展示会は参加するメーカー数、来場されるお客様の数も大規模なものとなります。展示品の産地がひと目でわかるように「産地良品」ブースを設置するなど、お客様の安心にも配慮しています。食を提供する企業として安全な食を提供するのは当然の責任ですが、実際に食材を目にし、手に取る機会を数多く提供することがお客様の安心につながると考えています。
株式会社さんれいフーズ】【島根さんれい株式会社

山陰発!!新鮮な原料を使ったこだわり商品を全国へお届けします

さんれい製造では、業務用の冷凍調理食品や、カニ身を素材用に加工した製品を全国に向けて販売しています。
特に当社はカニを得意とし、境港工場や中国・韓国の協力工場でズワイガニや紅ズワイガニなどの原料を加工。また、安来工場ではカニ爪クリームフライや甲羅グラタンなどの冷凍調理品を製品化しています。量販向けの調理品として「朝競(あさせり)!」シリーズは当社調査で全国の量販店の約半数に納品されるなど、山陰発の商品を全国に向かって販売しています。
株式会社さんれい製造

「安全・安心・信頼」の商品づくり

私たちは、食品メーカーとしての自覚と責任を持ち、品質向上のため様々な継続的改善を行っています。まず社員の品質管理、安全管理に対する意識向上をはかるため、5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)を企業の根幹と位置づけて取り組んでいます。
また品質管理体制として、急速凍結機を使用し、製品の鮮度保持、温度管理を行い、更に出来上がった製品に異物混入が無いかX線検査機と金属探知機で徹底的な安全管理の確認を行っています。2009年7月に安来工場は、HACCP(国際的な衛生・品質管理システム)を認証取得し、「安全・安心・信頼」の商品づくりに取り組んでいます。さらに外部の食品技術士に一連の作業を定期的にチェックしてもらうことで、安全・安心をより確実なものにしています。今後も、信頼日本一を目指し、商品づくりに取り組んでいきます。【株式会社さんれい製造

浜田発の塩干品は大人気!

塩干品の写真

島根県の浜田漁港にはアジ、イワシ、のどぐろ、陸揚げ日本一のカレイなど、まき網や沖合底引き網で獲られた魚が毎日のように水揚げされています。島根さんれいはこれらの新鮮な魚を協力工場で処理・加工し、業務用からギフト品に至るまでの製品を県内外のス-パ-・業務店などへ販売しています。
また、山陰・浜田のお魚ブランド『どんちっち三魚』は規格厳選された魚にだけ与えられる証。中元・歳暮シ-ズンになると多くの注文が当社に寄せられる人気の商品になっています。【島根さんれい株式会社

大山の水と麦、原料からこだわりたい

大山の麓で良質な天然水を使って仕込んだ地ビール「大山Gビール」はレギュラー4種類のビール(ペールエール・ヴァイツェン・スタウト・ピルスナー)をはじめ、長期熟成ビール、地元産大麦を使用した「大山ゴールド」、その他にも過去40種類以上の様々なタイプのビールに挑戦し、ビールの楽しさも追及しています。なかでも大山ゴールドは、地元農家と契約し、大麦栽培の取り組みから始めています。この麦は、その昔大山の山麓で栽培されていたビール大麦で、その名も「ダイセンゴールド」。一度は途絶えた品種ですが、数年前から復活させ、季節限定ビール「大山ゴールド」の原料として使用しています。工場長がこだわりを持って醸造した季節限定ビール、ぜひ飲み比べてみてください。
久米桜麦酒株式会社

地元の旬の食材をお届けします

「悠食旬菜ままや」はトスク店内での惣菜売り場としてのテナント販売店です。1972年に惣菜製造を開始、地元スーパー等に卸販売を行っていましたが、2004年10月「悠食旬菜ままや」としてトスク本店内の惣菜売り場としてテナント販売を開始しました。以降、トスク吉方店・智頭店・用瀬店・千代水店でのテナントを開始、現在は5店舗にて販売しています。地元の旬な食材を安全・安心に調理してお届けすることをモットーにした手作り感あふれる惣菜専門店で、多くのお客様に親しまれています。また、卸営業部門ではトスク向け惣菜卸商品を「ままや」ブランドにて販売するほか、他の食品スーパーや市場における惣菜・弁当・仕出し料理等の卸営業も行っています。 【株式会社マルテSF