ホーム  >  お知らせ一覧  >  CSRのお知らせ  >  炊き出し訓練を行いました【米子扶翼会】

CSRのお知らせ

炊き出し訓練を行いました【米子扶翼会】

CSR

2019.11.26

 11月14日、米子扶翼会が炊き出し訓練を実施。食品団地内にある災害用バルクからガスを供給し、カレーライスを提供しました。
 ガスコンロによるカレールーの温めはもちろんのこと、ガス炊飯器でご飯も火加減無しで炊きあがります。また、日産プリンス鳥取は、パワームーバーを利用してリーフから電気の提供を行いました。
 山陰酸素によるガスの提供、さんれいフーズによる非常食の提供、日産プリンス鳥取による電気の提供を行い、災害時にはグループが協力して動ける体制を整えていきます!

 

 ◆カレーライスの提供 
ガス炊飯器によるご飯カレーカレーライス
 
 ◆災害用バルクからはガスファンヒーターやLPガス発電機による発電も可能 
災害用バルクガスファンヒーターLPガス発電機
 
 ◆リーフによる電気の提供 
リーフ、パワームーバーリーフ